声種

声種とは
地声と裏声

3声種とはバナー

ここでは、あえて声を3種類に分けてお話したいと思います。
しかし、その間に位置するミックスボイスに関しては、
その中に多くの声種が存在します。

地声(胸声)

地声とは、リラックスした状態で声帯全体が開閉運動をしている状態を呼びます。

低い音の時、声帯はぼってりと重たい状態にあります。

つまりその重たい声帯を動かすために、高い音よりも多くの息を必要と感じる方もいるかと思います。
声を出していてなんだかスカスカ息が漏れてる音がするなんて方がいるかもしれません。
また、低い音が苦手で、息ばかりになってしまうという方にも色々な原因があります。
息が多すぎる方、力が入っている方、それを見極められるのも、しっかりとスクールでボイストレーニングを行う利点です。


裏声(ファルセット)

ここでは、芯のないのない裏声のことをファルセットと呼びます。
声帯の状態としては、声帯本体はほどんど触れず、
その表面のみが細かく振動している状態です。


ファルセット 声帯 図


黄色い部分が細かく振動します。
この声が全く出ない人がいます。
また、出るけれど不安定だったり、すぐ地声に返ってしまったりします。
これは、裏声を出すために必要な声帯周辺の能力が、目覚めていない、
コントロールが上手く行ってない
ということです。
地声で高音まで張り上げる癖がある方だと、その「喉を締め上げる」力が、
邪魔をしているケースもあります。

歌声の大半を占めるミックスボイスの声帯変化には、
この「声帯周辺の筋肉」のバランスが不可欠です。
裏声が苦手なままだと、なかなかミックスボイスの習得が難しく、
締めあげたままなんとか高音に至り、突然裏声にがらりと切り替わったりします。
かなり喚声点が目立つ状態になります。


この「裏声」を積極的に出す継続的なトレーニングが、なめらかで楽な歌唱への第一歩です。


声種について説明してきましたが、皆さんの今の声の出し方によって、
必要なトレーニングは異なります。
声帯周辺のどこ部分のバランスが悪いのか、どこに力が入っているのか。
具体的な内容は、「よくある傾向と対策」で触れていきます。




<<前の項目<< >>次の項目>>




  • 【メア ボーカルスクール 柏】 声種とは…?ミックスボイスは魔法の声ではない 柏のボイトレ ボーカル スクール

無料体験レッスンはこちら

    
体験レッスン詳しく

ボイストレーニングに興味を持ったら、まずは無料体験レッスンへお越しください。
お申し込みはお気軽に!