滑舌

母音と子音
言葉のイントネーション
ういろう売りを読もう

母音と子音

歌がうまいということは、ただ「いい声」が出る、大きい声がでるだけではありません。
言葉がしっかりと届き、そこに表現力をプラスできることがとても重要です。

言葉をしっかり伝えるために必要なのが、母音と子音の認識です。
では、子音と母音とはどういったものでしょうか。


母音と子音 図


例として、か行とさ行を見てみます。
赤文字が子音、青文字が母音です。
日本語のあかさたなはまやらわ、全ては、母音は全てあいうえお。
子音が変わることで、その音に変わっていきます。

つまりこの子音を立てることこそが、滑舌の良さにつながっていきます。

歌の中で、メロディとして聞き取っているのは母音の部分ですので、

滑舌=子音を立てるうまさ
歌の響きの良さ=母音の響きのうまさ

だと思ってもらうといいかと思います。

日本語は、とても母音の多い言語です。

たとえば「机」という言葉ひとつとっても、


滑舌 図


日本語で「つくえ」と発音しようとすると母音が3つもでてきます。
一方英語でDESKは母音が1つで済みますね。

歌の聴こえの良さは母音の質で決まるのですから、実は英語の方が歌いやすいのです。
そういったことから、多くのボーカルスクールで、
英語の曲をトレーニングさせる講師がいます。

じゃぁ英語の曲から!と思う方もいるかもしれませんが、
例えばこのDeskDESUKUと発音してしまっていてはもちろん意味がありません。
練習に取り入れる場合は、英語の発音には十分注意が必要です。




<<前の項目<< >>次の項目>>




  • 【メア ボーカルスクール 柏】 滑舌 母音と子音の関係 柏のボイトレ ボーカル スクール

無料体験レッスンはこちら

    
体験レッスン詳しく

ボイストレーニングに興味を持ったら、まずは無料体験レッスンへお越しください。
お申し込みはお気軽に!