呼吸法

呼吸法
腹式と胸式
吸い過ぎに注意

腹式と胸式バナー

では、腹式呼吸と胸式呼吸の違いをお話していきます。

腹式呼吸も胸式呼吸も、同じように「肺」に呼吸をします。
同じ「肺」に入るのですが、その使う自由度が異なるとイメージしてください。


胸式呼吸

胸式呼吸とは、肺が上に膨らむような、肩が上がる浅い浅い呼吸です。





肩が上下するのがその特徴です。
ジョギングなどスポーツをしている時には、かなり大きく肩が上下するでしょう。
たくさん吸おうとすればするほど、肩が大きく上下するのがその特徴です。
ジョギングなどスポーツをしている時がわかりやすいですね。
多くの人が、日常生活ではこの胸式呼吸をしています。



腹式呼吸

歌唱の際によく名前のあがる「腹式呼吸」ですが、
寝転がっている時には自然と腹式呼吸になります。

では、どんなしくみになっているのでしょうか。





少し大げさな図を用意しました。
腹式呼吸は、肺を横や下方面に広げて吸う呼吸です。
横隔膜が下がり、肺が広がります。
肺が下方面に広がるので、胃や腸が圧迫されて、一見してお腹が出て見えます。
これが「空気がお腹に入る」という勘違いを生みがちですが、空気はもちろん肺に入っています。
そして本当はお腹だけではなく、腰や背中といった部分も膨らみます。
逆に変にお腹を膨らまそうとすると、姿勢が悪くなってしまったり、不要な力がはいってしまったりしますので、腹式呼吸を練習する時もリラックスが必要です。


腹式呼吸を体感しよう

まず、今入っている息を全て吐き切ってしまいましょう。
コツとしては、吐き始める直前に吸いなおさないことです。
おへその下(丹田などと呼ばれます)を引き上げるようなイメージで吐き切ります。
この時、「すーーーーー」と歯と歯で摩擦を作ってください。
「ふーーーー」では、空気がすかすか抜けすぎてしまいます。
声帯を空気が通るときの抵抗感に似せるために、「すーーーーー」と吐きます。

もうこれ以上、吐けない!という所まで吐き切ってしまったら、少しストップ。
引き上げていたお腹の力を抜き、喉を開放し、空気を体に「迎え入れ」ます。
決して「吸おう」と思い過ぎないことです。
「吸おう」と思いすぎてしまうと、力いっぱい吸い過ぎた胸式呼吸になりがちです。
あくまで「迎え入れる」くらいの軽い気持ちで吸います。
曲の中でブレスタイミングが極端に短い場所では、この「脱力して迎え入れる」方法が重宝します。

これらは腹式呼吸の練習の一例に過ぎませんが、
様々なスクールにいる多くの講師が、それぞれに練習法を持っていたりします。
呼吸ひとつにおいても、レッスンでは序々にステップアップしていきます。




<<前の項目<<>>次の項目>>

  • 【メア ボーカルスクール 柏】 呼吸法 腹式呼吸と胸式呼吸を理解しよう 柏のボイトレ ボーカル スクール

無料体験レッスンはこちら

    
体験レッスン詳しく

ボイストレーニングに興味を持ったら、まずは無料体験レッスンへお越しください。
お申し込みはお気軽に!