発声基礎

まずはリラックス
姿勢 NEW!
リップロール
ハミング

ハミングバナー

このハミングも、声の出し方、発声の基礎として多く用いられています。
リラックスと、声を響かせる位置の認識にも役立てられます。

口を閉じて行う場合と、開いて行う場合があります。(これもトレーナーによって様々)
リラックスを感じてほしいので、ここでは開いて行う方をご紹介します。

「N」や「M」の発音、つまり「な(Na)」「ま(Ma)」の「a」を発音しない音です。
「ん」のように聴こえますが、喉の奥で「ん」と言おうと思い過ぎないように注意してください。のどが詰まって、響きを感じることができなくなります。

上でも述べたようにハミングにはいろいろなやり方がありますが、この「N」が歌の中で「ん」として使われる事が多いので、ここでは取り上げたいと思います。

何度か「ニンニン…」と繰り返してみてください。
そして「ン」の所で止めます。



ハミング 口内図



舌は図①のような状態になると思います。
舌の先端が上顎について、歯の内側に触れています。
図の関係で少し口が縦に開いているようなイメージを持つかもしれませんが、あくまで「ニンニン…」の流れから自然と開いている空間で構いません。

口腔部分が潰れないように気をつけてください。
図②のように舌が塞ぐことのないようにします。響きを感じられなくなります。

また図①に戻ります。
この口の状態で、鼻からため息をついてみましょう。
「フン~~~~~」と声を出して、ため息をつきます。
この時の開放感が、ハミングのそれのイメージにとても近いのです。

低めの音でこの「鼻からため息」を実践し、鼻の前の方に空間を感じましょう。
あまり強く息を吐く必要はありません。大きな声にする必要もありません。
リラックスし、楽な声を出してください。
地声がキーンとしやすい方は、裏声に感じるかもしれません。

このハミングは、歌う前のウォーミングアップや、カラオケで声が上ずりやすいときなど、少し間に挟むとリラックスにも役立ちます。



<<前の項目<< >>次の項目>>




  • 【メア ボーカルスクール 柏】 発声基礎 ハミングで響きの位置を感じよう 柏のボイトレ ボーカル スクール

無料体験レッスンはこちら

    
体験レッスン詳しく

ボイストレーニングに興味を持ったら、まずは無料体験レッスンへお越しください。
お申し込みはお気軽に!