よくある傾向対策

高音が出ない
息が続かない
声量が少なく感じる
すぐに声が枯れる・疲れる
マイクで音割れする
精密採点で得点を伸ばす

息が続かないバナー

得に高音部分で感じる方が多いのではないでしょうか。
単純に「肺活量をあげる」ことも解決策の一つです。
あまりに肺活量の少ない状態では、確かに息は続かなくなります。

しかし、「息が続かない」という悩みを持ってくる生徒さんに話を聞いてみると、
「昔スポーツ部で肺活量には自信がある」なんて方が多かったりします。
そういった場合、歌の中で息が続かないのは別の所に原因があるのです。

多い原因に、
声を出すときに息がつまって力んでしまっている
という例があります。

呼吸法の章でも述べましたが、吸う息の量をうまくコントロールしないと、自分の肺の飽和状態に気づかず、肩を上げる力んだ呼吸を続けてしまいます。
また、息を吸う時に「腹式呼吸だから、お腹を出して吸う!」と思いすぎてしまうのもまた、しっかり吸えない原因になります。

加えて、声を出すときに「お腹で支えなければ」と思いすぎてしまうのも原因です。
肺は飽和状態なのに、お腹にぐっと力を入れてしまうと、声を出すときに息を止めてしまいやすくなります。

腹筋運動などで力を入れるとき、「うっ」と息を止めていませんか?
お腹で支えようとしすぎると、これと同じ状態が起こります。

高音程息が続かないのは、高音ほど、「頑張ろう」という力が働くためです。

お腹の支えというのは、力で固めることではありません。
一定の息を吐き続けるために必要な体の状態に、姿勢を「引き上げる」程度です。

力を抜いていないと、力強い声はでません。

実際ボイトレでは、お腹を大きく凹ませるようなトレーニングをやる事もありますが、それは支えるための「体幹」を意識するためで、発声時必ずそこに力を入れるわけではないのです。

また、息の量が多すぎて常に「裏声」の状態で歌っていると、息は切れやすくなります。
これに関する対策は、次の「声量が少なく感じる」の項にもつながりますので、
そちらでお話していきたいと思います。



<<前の項目<< >>次の項目>>





  • 【メア ボーカルスクール 柏】 息が足りなくなる原因は「吸い方」だけではない 柏のボイトレ ボーカル スクール

無料体験レッスンはこちら

    
体験レッスン詳しく

ボイストレーニングに興味を持ったら、まずは無料体験レッスンへお越しください。
お申し込みはお気軽に!