滑舌

母音と子音
言葉のイントネーション
ういろう売りを読もう

言葉のイントネーションバナー

滑舌とは少し違った側面になりますが、歌う際に意識したい部分で、「この日本語のイントネーション」というものがあります。

このイントネーションを全く無視してしまうと、とてももったいない歌になってしまいます。
滑舌で子音が大切だという話はしましたが、日本語の単語ひとつひとつの中には、一番強調したい音があります。

メロディに惑わされず、その言葉をしっかり大切に歌い上げることは、すなわち言葉を大切に歌う=感情がこもって聞こえるということにつながっていきます。

「もっと感情を込めよう!」とすればするほど「ひとりよがり」になりやすいものです。
感情は「込める」のではなく、

込もって聞こえるように、込もって見えるように計算する」ものです。

自分自身はどこか冷静でなくてはいけません。

表現力とは、自己満足ではないその計算が作るものです。

その方法の1つとして、このイントネーションを紹介します。
表現力というと、「ビブラート」や、「しゃくり」という名前が出てきがちです。
それらは声帯の技術であって、声帯のコントロールがうまくないうちにそれだけ上達できるものではありません。
もちろん、「ビブラート風」なんてものはできるかもしれませんが、それではビブラートの美しさとは少しずれてしまい、聞き手に心地いいとは言いづらいでしょう。

ここで取り上げるこの「イントネーション」は、声帯のコントロールとはまた別の部分です。
しかしこれが歌の完成度にとても効果的で、なおかつ見逃されやすい項目です。

曲中によく出てくる「あなた」で例を見てみましょう。


イントネーション図1


何度か発音してみてください。
 なた」でも「あな 」でもなく、「あ  た」だと思います。

言葉として発音するときは自然と「あた」と発音していますが、
曲になったとたん、メロディに惑わされて、このイントネーションがめちゃくちゃになってしまうことがあります。
そもそもしゃべっている時さえ、このイントネーションが埋もれて一本調子にぼそぼそ、なんてこともあるかもしれません。
歌ではメロディが乗りますので、その「ぼそぼそ」の発音では聞き手に伝わりません。

歌いたい曲をぜひ、「朗読」してみてください。
繰り返しますが、小声でぼそぼそでは意味がありません。
大きめの声で、「劇団員さんのように大げさに抑揚をつけて」朗読します。
歌うときにも、それを意識できるようになれば、歌はより伝わるものになります。

そして曲の中では、このイントネーションを表現しにくい場所が多々あります。

同じあなたという言葉でも、メロディのはまり方によっては、いつも以上に大切に言わなくてはいけない場面が出てくるのです。


イントネーション図2

イントネーション図3


♪の高さは音の高さだと思ってください。
図①では、「あなた」の本来持つアクセントがきている「な」でメロディも上がります。
こういった場合は、先ほどの朗読のイメージで十分でしょう。

しかし図②になると、「な」の音が低くなっています。
この「あなた」の後に高音のメロディが続いていたりすると、低い「な」の音は忘れられてしまいがちです。
この「本当は大切なのにメロディに惑わされて埋もれている音
そんなに大切じゃないのに高音だから目立ってしまっている音
をしっかり意識していくことが大切です。

曲の中でこのような場面は多く出てきますが、この意識が癖づくと、だんだんと自然に「ここは大切に言わないと埋もれるな
と気づけるようになってきます。

耳によく残るキャッチーな曲ほど、サビの重要な所で図②のようなことはあまりありません。
作詞家、作曲家というのは、こんな所まで計算して曲を作っています。

もしあなたが作詞作曲をする人だったら、この日本語のイントネーションは、歌唱時だけではなくその製作時にも意識すると、のちの自分のためになるかもしれません。




<<前の項目<< >>次の項目>>




  • 【メア ボーカルスクール 柏】 滑舌 メロディではなく「言葉」を歌おう 柏のボイトレ ボーカル スクール

無料体験レッスンはこちら

    
体験レッスン詳しく

ボイストレーニングに興味を持ったら、まずは無料体験レッスンへお越しください。
お申し込みはお気軽に!