よくある傾向対策

高音が出ない
息が続かない
声量が少なく感じる
すぐに声が枯れる・疲れる
マイクで音割れする
精密採点で得点を伸ばす

高音が出ないバナー

高音が出ない」「高音の出し方」を知りたい!
本当によく聞く悩みです。
ボーカルスクールに通う人の7割がこの悩みを持っていると言っても過言ではありません。

一人ひとり持っている声帯は違うので、出せる限界の音域は決まってしまいますが、声帯のコントロールさえうまくなれば、少しずつ音域を伸ばすことも目指せます。

しかし多くの方が「楽に出せるはずの音」すら力任せに上がってき、「辛い」「高い」と感じます。
力が入ったまま声種の変化が出来ず、高音に至ると硬い裏声にひっくり返ってしまう。

これは、裏声の出し方を練習することで伸びていく可能性があります。

地声を力でぎゅっと出すクセばかりがついているので、リラックスして音を上げていくのが上手くいかない場合が多く見受けられます。

低音がスカスカ息の抜ける音がしてしまう方はまた違う原因があったりしますので、ここでは低音がぎゅっと硬いケースにしぼってお話します。


これには、裏声を積極的に出すのが効果的です。
今まで地声ばかりを使ってきた声帯で裏声を出すことで、
脳や体に裏声の使い方を覚えさせていきます。。

「Ha」など息の通りやすい音で、高音から声を出し、だんだん低く下がっていきます。
低い音で息がしっかり出るようになってくると、声種の変化をうまく行える準備ができてきます。

とても根気のいる練習ですが、楽な高音を手に入れたいのであれば、必要不可欠な練習になりますので、あまり躍起にならず、いつかそのうち、くらいの気持ちでリラックスしてのぞみましょう。


また、発声基礎でもあげましたが、リップロールトレーニングも効果的です。
リップロールができている状態で音を上げていき、そのままの声質で「あ」に変化させます。

レッスンでも、そのようなトレーニングをする事がありますが、最初はリップロールをやめた途端、「あ」と言おうと思いすぎて声が強張ったりするかもしれません。
リップロールと同じ声が出ているか、しっかり確認しながら行うことが重要です。

しかしこちらも、裏声のための筋肉がうまく動いていないと、リップロールと同じ声を出すことは難しくなります。

高音を伸ばすには、この裏声のトレーニングを効果的に長く続けることがカギになります。



■本当に高い声が必要か

今、特に男性シンガーにおいては、「高音が出せる」ということがとても重視されているように感じます。
確かに高い声が出せたほうが多くの歌が歌えるのですが、カラオケにはキーチェンジ機能がついていますし、バンドならコードを書き換えれば済みます。
オリジナル曲をやっているならなおさら、自分に辛い音を必要とする曲を避けるべきです。

歌がうまい人 = 高い声が出せる人

のような認識には、首を捻ってしまいます。
低い声が魅力的なのに、高い声を出そうとつらそうにしている姿を見ると残念な気持ちになります。
それはとてもアマチュア的で、歌の上達から遠ざかる行為です。

「歌」は表現する手段のひとつです。
高い音が出るようになって、その音の魅力が増してきたら序々にキーを上げてもいいのかもしれませんが、出ないのに無理にそのキーで歌うのは、もったいないことです。

もっと自分にあったキーなら、歌うのも、聴いている人にも楽なのです。

自分が出すのが辛い音は、聴いている人も聴くのが辛い音です。

いかに高い声を出すか」から、
いかに今の自分の一番魅力的な声で歌うか

に考え方を変えるだけで、アマチュアっぽさから一歩抜け出すことができます。



<<前の項目<< >>次の項目>>




  • 【メア ボーカルスクール 柏】 高音を伸ばすカギ 「裏声と忍耐」 柏のボイトレ ボーカル スクール

無料体験レッスンはこちら

    
体験レッスン詳しく

ボイストレーニングに興味を持ったら、まずは無料体験レッスンへお越しください。
お申し込みはお気軽に!