発声基礎

まずはリラックス
姿勢
リップロール
ハミング

リップロールバナー

自分が今、声の出し方にどんな特徴があるのかわかっていないうちは、このリップロールトレーニングをおすすめします。

唇をぶるぶる、と震わせる、子供の頃に遊びでやったような動きです。
検索をかけると多数動画がでてきます。

このリップロールには、3つの優れた点がありますので、一つずつお話していきます。


①口の周りの無駄な力を抜くコツがつかめる

しつこいようですが、歌には「力み」が一番良くありません。
口の周りがこわばっていると滑舌が悪くなったり音がこもったりする原因となります。
リップロールがぶるぶる、とできている時は、口の周りの力は適度に抜けている状態です。

②息の量のコントロール

歌唱時、息は多すぎても少なすぎてもいけません
その上限と下限を自然と教えてくれるのがリップロールです。
しっかり振動しているときは、息の量が多すぎたり、少なすぎたりしないときです。リップロールがうまくいかない原因には、この息の量が多すぎるケースが目立ちます。
息は決して多すぎず、そして閉じた唇の隙間をピンポイントで目指すイメージです。
唇の隙間以上の範囲に吐きつけてしまうと、頬に空気が溜まってしまい、振動しなくなります。

③声帯のコントロール

声種の項目でもお話しましたが、声帯は「頑張っても動かせない」場所です。
ですので、声帯のコントロールを向上するには、リラックスした状態で、ナチュラルな声で、様々な高さの音に対応できるようにトレーニングが必要です。
このリラックス、ナチュラルな声がつまり、リップロールが振動している状態です。
その状態で音を上下させることで、あらゆる高さのコントロールを声帯に覚えさせていきます。

地声でがなって高音を出していたりすると、リップロールでは細い裏声しか出ない、音にならない、なんて方もいるかもしれません。

声を出そうとすると止まってしまう、音を動かすと止まってしまう。
小さい音しか出ない…
声を出すときに喉がつまったり、力を入れたりしているとこの現象が起こります。

リップロールは1度で3つの効果が得られるすぐれたトレーニングなので、多くのトレーナーが取り入れています。
ぜひ習得をめざしてみてください。



<<前の項目<< >>次の項目>>




  • 【メア ボーカルスクール 柏】 発声基礎 ウォーミングアップだけではもったいない!リップロールの効果 柏のボイトレ ボーカル スクール

無料体験レッスンはこちら

    
体験レッスン詳しく

ボイストレーニングに興味を持ったら、まずは無料体験レッスンへお越しください。
お申し込みはお気軽に!