のしくみ

声帯とは
喉の中のしくみ
音の出るしくみ

喉の中のしくみバナー

ボイトレでは、よく「響き」という言葉を使いますが、
実際、声帯で生まれた声(声帯原音などと呼びます)はとても小さな音です。
それが喉や、口の形などによって増幅、音色を変え、
「声」「言葉」になって出てきます。

では、その声が今聞こえている状態になるための構造を見てみましょう。


  声帯 図


わかりやすく、少し大雑把な図を用意しました。
人間の頭を縦に切った断面図です。

口の中を口腔、鼻の中を鼻腔と呼びます。
この口腔と鼻腔は、喉の奥でつながっています。

鼻腔にしっかり音が響くようになると、
自分では大きな声を出そうとそんなに頑張っていなくても、張りのある音を目指すことができます。

トレーナーによっても、音を変化させる際のイメージは様々です。
また、同じトレーナーでも生徒さんによって投げかけるイメージは異なります。
その生徒さんの歌の上達に一番必要なイメージを投げかけていくのです。
今自分が音を変えるときにどんなクセを持っているか、
しっかり見極めてもらうことが大切です。



<<前の項目<<>>次の項目>





  • 【メア ボーカルスクール 柏】 歌を読み解く!声を響かせるしくみを知ろう 柏のボイトレ ボーカル スクール

無料体験レッスンはこちら

    
体験レッスン詳しく

ボイストレーニングに興味を持ったら、まずは無料体験レッスンへお越しください。
お申し込みはお気軽に!