音楽活動をしよう!

音楽活動をしよう
路上ライブをやってみよう
ライブハウスに出てみよう
次につながるライブにする
音楽配信をしてみよう

次につながるライブにするバナー

ライブをやっていて重要なことは、「集客」です。
もちろん、ライブ数をこなすだけでも自分の経験値にはなっていくかと思いますが、自分の友達だけが聞きに来てくれている状態で満足してしまうと、先に進めなくなってしまいます。

友達は「ファン」ではありませんから、毎度毎度お金を払って見にくるとなると、だんだんと足は遠のいてしまいます。

やはり「ファン」を獲得していくための活動が必要になります。


SNSを活用しよう
ライブ後、他のバンドを見に来たお客さんがたまたま気に入ってくれるかもしれません。
そんなとき、直接自分の携帯のアドレスなどを教えてしまうのはすこし危険です。
お客さんが増えてきたら、その全員にプライベートなアドレスを知らせなくてはいけなくなってしまいます。

Gmailyahooメールなどのフリーメールで、音楽活動用アドレスを用意しておきましょう。気に入ってくれた方には、それを案内します。

また、TwitterFacebook、ブログなども始めると良いでしょう。
ライブ以外の所で、お客さんは「気になるアーティスト」の情報を収集することができますし、アーティスト側は、どんどん発信が可能になります。


アンケートを作ろう
ライブの後に、その日のライブの感想を書いてもらうアンケートを配りましょう。

ライブハウスでよく音楽に親しんでいる人から、意見をもらう数少ない機会なので、ぜひ「今日のライブの感想は?」「気に入った曲はありましたか?(曲名をならべて○をつけてもらう)」など、項目をあげてみてください。

アンケート配布の際に、ペンやえんぴつなどを一緒に配ると、書いてくれる確率がぐんと高まります。
書き終わった頃を見計らって、回収しに行きます。
その時に一声二声かけることで、またお客さんとの接点を持つことができます。


フライヤーを作ろう
フライやーとは、チラシのことです。
自分のことや、どんな音楽で、どんな活動をしているかを書き記したチラシを作りましょう。
気になった人が、次のライブにも足を運びやすくします。
だいたいのライブハウスでは、「折込みフライヤー」といって、お客さんが受付でお金を払うときに、各バンドのフライヤーをまとめて渡してくれます。
次のライブが決まっているのなら、そのライブ日程。
HPがあったり、ブログやTwitterをやっているのなら、そのアドレスやQRコードなどを載せると効果的です。
最初は手書きでも構わないので、必ず用意するようにします。

このフライヤーは、路上をやるときなどにも活躍します。
音楽活動の必須アイテムなので、ぜひ制作してみてください。



<<前の項目<<>>次の項目>>




  • 【メア ボーカルスクール 柏】 ライブ前に準備したい3つのこと 柏のボイトレ ボーカル スクール

無料体験レッスンはこちら

    
体験レッスン詳しく

ボイストレーニングに興味を持ったら、まずは無料体験レッスンへお越しください。
お申し込みはお気軽に!